新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

Ruby-GNOME2 Project Website

Ruby-GNOME2 Project Website

Ruby-GNOME2 ProjectはGTK+2, GTK+3, GNOME開発環境をRubyから利用するための拡張ライブラリを開発・公開するプロジェクトです。

GitHub

オープンソースソフトウェア(LGPL)です。

特徴

  • マルチプラットフォーム
  • Rubyとの高い親和性
  • 豊富な追加パッケージ(OpenGLによるアニメーション、音声と動画のサポートなど)

インストール

(Ruby 2.1以降をインストールしておいてください。)

Ruby/GTK2を使用するためには、以下のようにしてインストールします。

gem install gtk2

Ruby/GTK3を使用するためには、以下のようにしてインストールします。

gem install gtk3

パッケージ

Ruby-GNOME2 Projectでは現在、以下のパッケージを提供しています。

Ruby/GTK2 パッケージ
gtk2をインストールすると全て入ります。
  • GLib2, ATK, GdkPixbuf2, Pango, GTK2, GObjectIntrospection
Ruby/GTK3 パッケージ
gtk3をインストールすると全て入ります。
  • GLib2, GIO2, ATK, GdkPixbuf2, Pango, CairoGObject, GObjectIntrospection, GDK3, GTK3
その他のパッケージ

追加的なパッケージです。全てgemによりインストールできます。

ただし、Windowsではいくつかのパッケージは使用できません。

  • RSVG, Poppler, VTE, VTE3, GtkSourceView2, GtkSourceView3, Clutter, ClutterGTK, WebKitGTK2, WebKit2GTK, GStreamer, ClutterGStreamer

Ruby/GTK2, Ruby/GTK3

マルチプラットフォームに対応したGUIウィジェットを提供するライブラリです。このライブラリを使うことでGUIアプリケーションを開発できます。

Ruby/ATK

ATK は他のツールキットやアプリケーションの実装へのアクセシビリティインターフェースのセットを提供しています。ATK インターフェースを利用すると、アクセシビリティツールは実行中のアプリケーションの表示とコントロールに完全にアクセスできます。

Ruby/GdkPixbuf2

様々な画像フォーマットの読み込み、書き出し、画像操作機能を提供するするためのライブラリです。

Ruby/GLib2

GLib は C で書かれたライブラリとアプリケーションの核となるアプリケーションのビルディングブロックを提供しています。GLib は GNOME で利用されているコアのオブジェクトシステムや main ループの実装、文字列や一般的なデータ構造のための多数のユーティリティ関数を提供しています。

Ruby/Pango

多言語に対応したテキスト描画ライブラリです。 OTFなど最近使われているすべてのフォント形式に対応していて、縦書きなどもできます。

Ruby/GIO2

ローカルファイル、リモートファイル(Webサーバ上にあるファイルなど)など、様々な場所にあるリソースの読み書きを統一的に扱 える(同じように操作できる)機能を提供するライブラリです。 もっとたくさんの機能がついたopen-uriのようなものです。

VFSというとわかる人にはわかったりするようなものです。 (実際はGIO=VFS+αですが。)

Ruby/GStreamer

マルチメディアアプリケーションを作成するための強力なフレームワークです。音声と動画の両方をサポートしています。

Ruby/GtkSourceView2, Ruby/GtkSourceView3

テキストエディタ向けのソースコードハイライトウィジェットです。 言語毎にキーワードを強調したり色付けしたりできます。 (Ruby/GTK2版がRuby/GtkSourceView2、Ruby/GTK3版がRuby/GtkSourceView3です。)

Ruby/Poppler

PDFパーサです。 PDFを描画したり、他のフォーマットに変換したり、テキストを抽出したりできます。

Ruby/RSVG2

SVGパーサです。 SVGを描画したり、他のフォーマットに変換したりできます。

Ruby/VTE, Ruby/VTE3

GNOME 端末が使う端末エミュレータウィジェットです。 (Ruby/GTK2版がRuby/VTE、Ruby/GTK3版がRuby/VTE3です。)

Ruby/Clutter

OpenGLベースのGUIコンポーネントです。高速で、視覚的にリッチで、アニメーションするGUIを作成できます。

Ruby/WebKitGTK2, Ruby/WebKitGTK

Webブラウザウィジェットです。WebKitレンダリングエンジンを使用します。 (Ruby/GTK2版がRuby/WebKitGTK2、Ruby/GTK3版がRuby/WebKitGTKです。)

Ruby/ClutterGStreamer

Clutterウィジェットの中で動画や音声を再生することができます。

Ruby/ClutterGTK

ClutterをGTK+で利用するためのパッケージです。 (Ruby/GTK3専用です。)

開発者向け情報

Ruby-GNOME2 Project Teamによって、継続的に開発が進められています。

メーリングリスト

各種メーリングリストです。初心者大歓迎ですので、お気軽にご登録、ご投稿ください。

GObject Introspectionへの対応について

Ruby-GNOME2 Projectでは、GObject Introspectionへの対応を進めています。

GObject Introspectionとは

GObjectベースのライブラリのバインディングを自動的に作成する機能です。 Rubyバインディングを作成する機能は、Ruby/GObjectIntrospectionパッケージとして提供しています。

ただし、自動的に作成すると、RubyらしくないAPIになってしまう場合があります。 Ruby-GNOME2 ProjectではRubyらしいAPIを大事にしているため、手動での微調整も行っています。

対象パッケージ

  • Ruby/Clutter
  • Ruby/GStreamer (2.0.0以降)
  • Ruby/GooCanvas (2.0.1以降)

お願い

  • サンプルの移植を進めていますが、まだ完了していません。

GTK+ 3への対応について

Ruby-GNOME2 Projectでは、 GTK+ 3 への対応を進めています。

注意

  • GTK+ 2 と GTK+ 3 は互換性がないため、 Ruby/GTK2 と Ruby/GTK3 も互換性がありません。
  • 基本的な機能は動作しますが、まだ完璧ではありません。

以下の情報は古いため、参考程度にしてください

コンテンツ

Ruby-GNOME2 API Reference
Ruby-GNOME2の提供するライブラリのAPIリファレンスです。
Ruby-GNOME2 日本語メーリングリスト過去ログ
メーリングリストに参加ご希望の方はこちらからどうぞ。
チュートリアル
Ruby-GNOME2の提供するライブラリのチュートリアルです。
インストールガイド
プラットフォーム別のインストールについて
Sampleスクリプト (en)
ちょっとだけ使えるサンプルスクリプトを公開します。
Ruby-GNOME2 Tips
Mailing Listに流れた情報や、ちょっとしたTips、その他どこに入れて良いのかわからんネタはひとまずここに入れるっつーことで。
アイコン
Ruby-GNOME2向けのアイコンたちです。随時募集中です!
Links
Ruby-GNOME2に関連するサイトへのリンクです。
更新日時:2018/06/11 20:47:38
キーワード:[古GooCanvas削除]
参照:[SideMenu]