新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

Gtk::SourceView

Gtk::SourceView クラス

ソースコードの表示に適したTextView

インクルードされているモジュール

  • Gtk::Buildable?
  • Atk::Implementor
  • GLib::Interface?

クラスメソッド

Gtk::SourceView.new(buffer=nil)
 新しいGtk::SourceViewを作成します。bufferがnilまたは省略されている場合、自動的に空のバッファが作成されます。bufferは既に他のウィジェットで使用されているものでもかまいません。

インスタンスメソッド

get_marker_type(marker_type)

存在しない?

 引数に指定されたマーカータイプに関連付けられたGdk::Pixbufオブジェクトを取得します。

  • marker_type: マーカータイプ(文字列)
  • 戻り値: 関連付けられたGdk::Pixbufオブジェクトが見つかればそれが返り、見つからなければnilが返ります。
set_marker_pixbuf(marker_type, pixbuf)

存在しない?

 引数に指定されたマーカータイプとGdk::Pixbufオブジェクトを関連付けます。

  • pixbuf: Gdk::Pixbufオブジェクト
  • marker_type: マーカータイプ(文字列)
  • 戻り値: self
auto_indent=(auto_indent)
 オートインデントのオン・オフを設定します。
  • auto_indent: オンにしたい場合true
  • 戻り値: auto_indent
auto_indent?
 現在のオートインデント設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
get_marker_pixbuf

存在しない?

 

  • 戻り値: self: 要修正
highlight_current_line=(highlight_current_line)
 カーソルがある行をハイライトする機能のオン・オフを設定します。
  • highlight_current_line: オンにしたい場合true
  • 戻り値: highlight_current_line
highlight_current_line?
 カーソルがある行をハイライトする機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
indent_on_tab=(indent_on_tab)
 Tabキーが押された時に選択状態のテキストをインデントする機能のオン・オフを設定します。
  • indent_on_tab: オンにしたい場合true
  • 戻り値: indent_on_tab
indent_on_tab?
 Tabキーが押された時に選択状態のテキストをインデントする機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
insert_spaces_instead_of_tabs=(insert_spaces_instead_of_tabs)
 タブが入力された時にタブ文字のかわりにスペース文字を挿入する機能のオン・オフを設定します。
  • insert_spaces_instead_of_tabs: オンにしたい場合true
  • 戻り値: insert_spaces_instead_of_tabs
insert_spaces_instead_of_tabs?
 タブが入力された時にタブ文字のかわりにスペース文字を挿入する機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
redo
 
  • 戻り値: self: 要修正
ref_accessible

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Atk::Implementor#ref_accessibleを参照してください。

set_auto_indent(auto_indent)
 機能はGtk::SourceView#auto_indent=と同じです。
  • auto_indent: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_highlight_current_line(highlight_current_line)
 機能はGtk::SourceView#highlight_current_line=と同じです。
  • highlight_current_line: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_indent_on_tab(indent_on_tab)
 機能はGtk::SourceView#indent_on_tab=と同じです。
  • indent_on_tab: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_insert_spaces_instead_of_tabs(insert_spaces_instead_of_tabs)
 機能はGtk::SourceView#insert_spaces_instead_of_tabs=と同じです。
  • insert_spaces_instead_of_tabs: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_show_line_marks(show_line_marks)
 機能はGtk::SourceView#show_line_marks=と同じです。
  • show_line_marks: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_show_line_numbers(show_line_numbers)
 機能はGtk::SourceView#show_line_numbers=と同じです。
  • show_line_numbers: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_smart_home_end(smart_home_end)
 機能はGtk::SourceView#smart_home_end=と同じです。
set_tab_width(tab_width)
 機能はGtk::SourceView#tab_width=と同じです。
  • tab_width: タブ幅
  • 戻り値: self
show_line_marks=(show_line_marks)
 ラインマーカーpixbufを表示する機能のオン・オフを設定します。
  • show_line_marks: オンにしたい場合true
  • 戻り値: show_line_marks
show_line_marks?
 ラインマーカーpixbufを表示する機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
show_line_numbers=(show_line_numbers)
 行番号を表示する機能のオン・オフを設定します。
  • show_line_numbers: オンにしたい場合true
  • 戻り値: show_line_numbers
show_line_numbers?
 行番号を表示する機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
smart_home_end=(smart_home_end)
 HOMEまたはENDキーが押された時に、(行頭または行末ではなく)行の最初または最後の非空白文字にカーソルを移動する機能の動作を設定します。
tab_width
 現在のタブ幅を取得します。
  • 戻り値: タブ幅
tab_width=(tab_width)
 タブ幅を設定します。
  • tab_width: タブ幅
  • 戻り値: tab_width
undo
 
  • 戻り値: self: 要修正
add_child

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#add_child?を参照してください。

construct_child

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#construct_child?を参照してください。

get_internal_child

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#get_internal_child?を参照してください。

name

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#name?を参照してください。

name=

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#name=?を参照してください。

set_buildable_property

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#set_buildable_property?を参照してください。

set_name

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#set_name?を参照してください。

builder_name

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#builder_name?を参照してください。

builder_name=

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#builder_name=?を参照してください。

completion
 SourceViewに関連付けられたcompletionオブジェクトを取得します。
  • 戻り値: SourceViewに関連付けられたcompletionオブジェクト
draw_spaces
 各種空白文字を可視化するかどうかの現在の設定を取得します。
draw_spaces=(draw_spaces)
 各種空白文字を可視化するかどうかを設定します。
get_mark_category_background
 
  • 戻り値: self: 要修正
get_mark_category_pixbuf
 
  • 戻り値: self: 要修正
get_mark_category_priority
 
  • 戻り値: self: 要修正
indent_width
 現在設定されているインデント1回分のスペースの数を取得します。
  • 戻り値: インデント1回分のスペースの数
indent_width=(indent_width)
 インデント1回分のスペースの数を設定します。
  • indent_width: インデント1回分のスペースの数
  • 戻り値: indent_width
move_lines
 
  • 戻り値: self: 要修正
right_margin_position
 右マージンの現在の位置を取得します。
  • 戻り値: 現在の右マージンの位置
right_margin_position=(right_margin_position)
 右マージンの位置を設定します。
  • margin: 右マージンの位置
  • 戻り値: margin
set_builder_name

上位クラス(ancestors)のページに要移動?

 Gtk::Buildable#set_builder_name?を参照してください。

set_draw_spaces(draw_spaces)
 機能はGtk::SourceView#draw_spaces=と同じです。
set_indent_width(indent_width)
 機能はGtk::SourceView#indent_width=と同じです。
  • indent_width: インデント1回分のスペースの数
  • 戻り値: self
set_mark_category_background
 
  • 戻り値: self: 要修正
set_mark_category_pixbuf
 
  • 戻り値: self: 要修正
set_mark_category_priority
 
  • 戻り値: self: 要修正
set_right_margin_position(right_margin_position)
 機能はGtk::SourceView#right_margin_position=と同じです。
  • right_margin_position: 右マージンの位置
  • 戻り値: self
set_show_line_marks(show_line_marks)
 機能はGtk::SourceView#show_line_marks=と同じです。
  • show_line_marks: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_show_right_margin(show_right_margin)
 機能はGtk::SourceView#show_right_margin=と同じです。
  • show_right_margin: オンにしたい場合true
  • 戻り値: self
set_tab_width(tab_width)
 機能はGtk::SourceView#tab_width=と同じです。
  • tab_width: タブ幅として設定するスペースの数
  • 戻り値: self
show_completion
 
  • 戻り値: self: 要修正
show_line_marks=(show_line_marks)
 行マークpixbufを表示する機能のオン・オフを設定します。
  • show_line_marks: オンにしたい場合true
  • 戻り値: show_line_marks
show_line_marks?
 行マークpixbufを表示する機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
show_right_margin=(show_right_margin)
 右マージンを表示する機能のオン・オフを設定します。
  • show_right_margin: オンにしたい場合true
  • 戻り値: show_right_margin
show_right_margin?
 右マージンを表示する機能の現在の設定を取得します。
  • 戻り値: オンになっている場合true
smart_home_end
 HOMEまたはENDキーが押された時に、(行頭または行末ではなく)行の最初または最後の非空白文字にカーソルを移動する機能の現在の設定を取得します。
tab_width
 現在のタブ幅をスペースの数に換算したものを取得します。
  • 戻り値: 現在のタブ幅をスペースの数に換算したもの
tab_width=(tab_width)
 タブ幅をスペースの数で指定して設定します。
  • tab_width: タブ幅として設定するスペースの数
  • Returns: tab_width

プロパティ

smart-home-end:
要編集
auto-indent: true or false (Read/Write)
オートインデント機能のオン・オフ
insert-spaces-instead-of-tabs: true or false (Read/Write)
タブが入力された時にタブ文字のかわりにスペース文字を挿入する機能のオン・オフ
right-margin: Integer? (Read/Write)
上位クラス(ancestors)のページに要移動?
show-line-marks: true or false (Read/Write)
ラインマーカーpixbufを表示する機能のオン・オフ
show-line-numbers: true or false (Read/Write)
行番号を表示する機能のオン・オフ
show-right-margin: true or false (Read/Write)
右マージンを表示する機能のオン・オフ
highlight-current-line: true or false (Read/Write)
カーソルがある行をハイライトする機能のオン・オフ
indent-on-tab: true or false (Read/Write)
Tabキーが押された時に選択状態のテキストをインデントする機能のオン・オフ
completion: Gtk::SourceCompletion (Read)
SourceViewに関連付けられたcompletionオブジェクト
draw-spaces: Gtk::SourceView::DrawSpacesFlags (Read/Write)
各種空白文字を可視化するかどうかの設定
indent-width: Integer (Read/Write)
インデント1回分のスペースの数
right-margin-position: Integer (Read/Write)
右マージンの位置
show-right-margin: true or false (Read/Write)
右マージンを表示する機能のオン・オフ
tab-width: Integer (Read/Write)
タブ幅として設定するスペースの数

スタイルプロパティ

right-margin-line-alpha: Integer (Read)

存在しない?

マージン線の透明度

right-margin-line-color: Gdk::Color (Read)

存在しない?

右マージン線の色

right-margin-overlay-alpha: Integer (Read)

存在しない?

マージンオーバーレイの透明度

right-margin-overlay-color: Gdk::Color (Read)

存在しない?

マージンオーバーレイの描画色

right-margin-overlay-toggle: String (Read)

存在しない?

Whether to draw the right margin overlay

シグナル

redo
要修正
undo
要修正
line-mark-activated: self
 
move-lines: self
 
show-completion: self
 

更新履歴

  • 2014-06-14 クラスのメンバ項目の存在チェック("存在しない?or上位クラスのページに要移動?"とマーク)。リストから漏れているものを追加。 - きたがわ
  • 2014/05/01 現在の英語版をベースに翻訳、内容の修正。 - きたがわ
  • lrz?
更新日時:2014/06/14 20:08:23
キーワード:
参照:[Ruby/GTK] [Ruby/GtkSourceView] [Gtk::SourceView] [Gtk::SourceBuffer]