新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

compile_mingw

コンパイルガイド Windows編(mswin32,mingw32)

MS Windows上でruby-1.8.1とruby-gtk2-0.10.0をコンパイル・インストールする手順を書いてみました。 コンパイルしてできた.soファイルと各.rbファイルはRuby Installer For Windowsでも利用可能です。

注意!

このページの手順は古いバージョン向けに書かれたものです。最新情報はトップページを参照してください。

ruby-gnome2.sourceforge.jp

MinGW, MSYSのインストール

まずは、MinGW,MSYSをインストールします。ここではデフォルト指定での説明を行します。

<URL:http://www.mingw.org/>

  • MinGW-3.1.0-1.exe (default installation options)
    • c:\MinGW
  • MSYS-1.0.10.exe (default installation options)
    • c:\msys\1.0

CVSとか試したいときは同サイトのmsysDTK-1.0.1.exeを入れておくと幸せになれるかも。

とりあえずそれぞれ実行して指示されているとおりにぽちぽちとボタンをクリックしていけばインストールされるでしょう。1カ所、MSYSのインストール時にMinGWの場所を聞かれますが、そのときはc:/MinGWとすれば良いです。 ただ、順番はこの順番でどうぞ。

GTK+ライブラリのインストール

GLADE for WindowsからGTK+(とかその他もろもろ)ライブラリをダウンロードします。 gtk+-win32-aioパッケージをダウンロードすれば良いでしょう。

  • gtk-win32-aio-2.4-rc11.exe
    • c:\GTK

Rubyのコンパイル

ruby-1.8.1.tar.gzを<URL:http://www.ruby-lang.org/>からダウンロードします。 ファイルは、c:\msys\1.0\home\(username)直下に置きます。

次にMSYSのbashコンソールから以下のようにします。

$ tar xvzf ruby-1.8.1.tar.gz
$ cd ruby-1.8.1
$ configure --prefix=/MinGW
$ make
$ make install

これで、c:\MinGW配下にrubyがインストールされます。

ruby-gtk2-0.10.0のインストール

$ tar xvzf ruby-gtk2-0.10.0.tar.gz
$ cd ruby-gtk2-0.10.0
$ export PATH=/c/Dev-C++/bin:$PATH
$ /c/MinGW/bin/ruby.exe extconf.rb --ruby=/c/MinGW/bin/ruby.exe
$ make
$ make install

各ファイルはc:\MinGW\lib\ruby\site_ruby\1.8直下とc:\MinGW\lib\ruby\site_ruby\1.8\i386-msvcrtにインストールされます。

Ruby Installer For Windowsで使う

c:\MinGW\lib\ruby\site_ruby\1.8直下とc:\MinGW\lib\ruby\site_ruby\1.8\i386-msvcrtにインストールされた各ファイルをそれぞれRuby Installer版でインストールしたディレクトリにコピーします。 #例えば、c:\rubyにインストールしてあったとするとc:\ruby\lib\ruby\site_ruby\にコピーします。

ChangeLog

2004-08-10 むとう
  • 0.10.0向けに変更。GTK+もDroplineの2.2系からGLADE for Win32の2.4系に差し替えました。
2004-03-14 むとう
  • 0.9.1をリリースしたのでCVS版のみで使用できるという記述を消しました。
  • 「確認方法など」を追記しました。
2004-03-09 むとう
Initial release.
更新日時:2014/05/03 13:13:38
キーワード:
参照:[installguide]