新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

gtk2-tut-arrow

アロウ

アロウウィジェットは矢印の頭(矢尻、アローヘッド)を描くウィジェットで, 矢印の向きやスタイルにはいろんな種類がある. 多くアプリケーションではボタンの上に配置すると便利だろう. ラベルウィジェット同様,アロウウィジェット自身はシグナルを発行しない.

アロウウィジェットを操作するためのメソッド:

Gtk::Arrow.new(arrow_type, shadow_type)
Gtk::Arrow#set(arrow_type, shadow_type)

1文目は矢印の向きと外見を指定して矢印ウィジェットを作成している. 2文目のGtk::Arrow#setメソッドで,今までのウィジェットと同じような方法でアロウウィジェットの属性(矢印の向きや外見)を変更できる.

Gtk::Arrow#arrow_typeでarrow_type(矢印の向き)を読み出すことができる. arrow_typeの取り得る値は:

Gtk::Arrow::UP
Gtk::Arrow::DOWN
Gtk::Arrow::LEFT
Gtk::Arrow::RIGHT

おわかりの通り上記の値は矢印の向きに対応している.

次の2つのメソッドでarrow_typeを変更できる.

Gtk::Arrow#arrow_type=(arrow_type)
Gtk::Arrow#set_arrow_type(arrow_type)

Gtk::Arrow#shadow_typeでshadow_type(影のタイプ)を読み出すことができる. shadow_typeの取り得る値:

Gtk::SHADOW_IN
Gtk::SHADOW_OUT
Gtk::SHADOW_NONE
Gtk::SHADOW_ETCHED_IN
Gtk::SHADOW_ETCHED_OUT

次の2つのメソッドでshadow_typeを変更できる.

Gtk::Arrow#set_shadow_type(shadow_type)
Gtk::Arrow#shadow_type=(shadow_type)

arrow.png サンプルプログラム:

#! /usr/bin/env ruby

require 'gtk2'

window = Gtk::Window.new
window.title= "Arrow Buttons"
window.signal_connect("destroy") {Gtk::main_quit}
window.border_width= 10

box = Gtk::HBox.new(false, 0)
box.border_width = 2
window.add(box)

# アロウウィジェットのパラメータを4種類変化させ
# create_arrow_buttonメソッドを呼び出し矢印付きボタンを生成する
[
  [Gtk::Arrow::UP, Gtk::SHADOW_IN],
  [Gtk::Arrow::DOWN, Gtk::SHADOW_OUT],
  [Gtk::Arrow::LEFT, Gtk::SHADOW_ETCHED_IN],
  [Gtk::Arrow::RIGHT, Gtk::SHADOW_ETCHED_OUT],
].each do |arrow_type, shadow_type|
  button = Gtk::Button.new
  arrow = Gtk::Arrow.new(arrow_type, shadow_type)
  button.add(arrow)
  box.pack_start(button, false, false, 3 )
end

window.show_all
Gtk.main
更新日時:2006/07/02 14:31:50
キーワード:
参照:[gtk2-tut]