新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

libglade2-tut-dialogs

各種ダイアログを追加する

ファイルの保存・オープン用のファイル選択ダイアログと、Aboutダイアログを追加します。 ダイアログはプライマリウインドウとは別のウインドウです。ウィジェットパレットウインドウでアイコンをクリックするだけで新規作成されます。

ファイル選択ダイアログ

ファイル選択ダイアログはGtk::FileSelectionGtk::FileChooserDialogの2種類があります。Gtk::FileSelectionはGTK+-2.0からのウィジェット、Gtk::FileChooserDialogはGTK+2.4以降のウィジェットです。 新しもの好きなのでここでは、Gtk::FileChooserDialogを使ってみましょう。

glade-2の使い方には慣れてきたと思うので若干手順を端折りますね。ウィジェットパレットウインドウでFile Chooser Dialogをクリックするとファイル選択ダイアログが表示されます。

1.png

プロパティは以下のように変更します。

Name
デフォルトのままだと長いので、filechooserにします。
Position
表示されるポジションです。親ウインドウの中央に表示されるように"Center on Parent"を選択します。これでうまく表示されない時は、"Center"にしてみてください。
Modal
モーダルとはこのウインドウが表示されているとき別のウインドウ(親ウインドウ)を操作できなくするというオプションです。*1ここでは、Yesにします。
Skip Taskbar/Pager
タスクバーやページャ*2にこのウインドウを表示させるかどうかの設定です。両方Yes(表示しない)にします。 ただし、ウインドウマネージャによっては有効にならないときがあるかもしれません。

また、Commonタブの"Visible"プロパティは"No"にします。起動時は非表示状態にしておくためです。

次にダイアログ上の"Open(開く)"ボタンを選択して、プロパティの"Stock Button"を"gtk-open"から"gtk-ok"に変更します。保存ダイアログとして使用する時でもおかしくない表現に変えるためです。

そうそう、書き忘れましたが、追加したダイアログ(ウインドウも)はGladeのメインウインドウに表示されます。Glade上で選択したり表示/非表示にする場合はメインウインドウから選択します。

Aboutダイアログ

AboutダイアログはRuby/GNOME2を使うと一発なのですが、ここでは練習ということで自前で簡単なAboutダイアログを作ることにします。

ウィジェットパレットウインドウでDialogをクリックするとダイアログのボタン数を選択するダイアログが表示されます。

2.png
今回は、クローズボタンだけのダイアログでよいので、「Standard Button Layout」→「Close」を選択し、OKボタンをクリックします。

プロパティは以下のように変更します。

Name
"aboutdialog"とします。
Title
"About ... "とします。
Position
こちらも親ウインドウの中央に表示されるように"Center on Parent"を選択します。これでうまく表示されない時は、"Center"にしてみてください。
Skip Taskbar/Pager
タスクバーやページャにこのウインドウを表示させるかどうかの設定です。両方Yes(表示しない)にします。 ただし、ウインドウマネージャによっては有効にならないときがあるかもしれません。

こちらも、Commonタブの"Visible"プロパティはは"No"にします。

次にラベルを貼り付けてそこに情報を書き込みます。

3.png

Label

ちょっと長いです。Pango Text Attribute Markupを使って色をつけてみます。Pango MarkupについてはPango APIリファレンスにあるPango Text Attribute Markupを参照してください(環境によっては使用できない(変化しない)項目もあります)。

<span color="red">hwedit - Hello World Editor</span>
<span color="darkgreen">This is a sample application for Ruby/Libglade2</span>
Ruby/Glade2 is a part of Ruby-GNOME2.
Copyright (c) 2004 Ruby-GNOME2 Project Team
Use Markup
"Yes"を指定します。これをYesにすることで前述のPango Markupが有効になります。Noの場合は、Markupも通常の文字列として認識されます。
Justify
"Center"を指定し中央寄せで表示します。

基本的にダイアログ上に作られたボタンに対してシグナルハンドラを設定する必要はありません。詳しくは後のページの「テンプレートからソースコード(Rubyスクリプト)へ」で説明します。

さて、ここまででAboutダイアログは以下のように表示されます。Pango Markupを使うことで様々な属性を持った文字列を簡単に扱うことができることがわかると思います。

4.png


*1ただし常に親ウインドウより前面に表示されることは保証されないようです。
*2加筆者注: ワークスペースを切り替える機能のこと?

更新日時:2009/01/27 14:02:00
キーワード:
参照:[libglade2-tut-textedit] [libglade2-tut]