新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

Ruby-GNOME2 Project Website

Ruby-GNOME2 Project Website

Ruby-GNOME2 はGTK+2, GTK+3, GNOME開発環境をRubyから利用するための拡張ライブラリです。

GitHub

特徴

  • Linux, MacOSX, Windows 対応
  • Rubyとの高い親和性
  • GObject Introspection による バインディングの自動生成

インストール

Ruby/GTK3を使用するためには、以下のようにしてインストールします。(Ruby 2.1 以降)

gem install gtk3

パッケージ

Ruby/GTK2 パッケージ
GLib2, ATK, GdkPixbuf2, Pango, GTK2, GObjectIntrospection
Ruby/GTK3 パッケージ
GLib2, GIO2, ATK, GdkPixbuf2, Pango, CairoGObject, GObjectIntrospection, GDK3, GTK3
その他のパッケージ
RSVG2, Poppler, VTE, VTE3, GtkSourceView2, GtkSourceView3, Clutter, ClutterGTK, WebKitGTK2, WebKit2GTK, GStreamer, ClutterGStreamer
古いパッケージ
Ruby/GnomeCanvas2, Ruby/GNOME2 (libgnome), Ruby/Libart2, Ruby/Libglade2, Ruby/GConf2, Ruby/GnomeVFS, Ruby/GtkGLExt, Ruby/GtkHtml2, Ruby/PanelApplet, Ruby/GnomePrint, Ruby/GnomePrintUI, Ruby/GtkMozEmbed, Ruby/GooCanvas

詳しく

GObject Introspectionとは

GObjectベースのライブラリのバインディングを自動的に作成する機能です。 Rubyバインディングを作成する機能は、Ruby/GObjectIntrospectionパッケージとして提供しています。

ただし、自動的に作成すると、RubyらしくないAPIになってしまう場合があります。 Ruby-GNOME2 ProjectではRubyらしいAPIを大事にしているため、手動での微調整も行っています。

更新日時:2018/11/12 22:26:59
キーワード:
参照:[SideMenu]