新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  Back  ログイン

Gtk::HScrollbar 差分 - Ruby-GNOME2 Project Website

  • 最後の更新で追加された部分はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された部分はこのように表示します。

= Gtk::HScrollbar クラス
Gtk::HScrollbar は、水平スクロールバーのウィジェットです。
スクロールバーの詳細については、Gtk::Scrollbar をご覧下さい。
スクロールバーの位置調整には、Gtk::Adjustment を使用します。
別途位置調整を行う場合には、引数にnilを指定してください。
詳細は Gtk::Adjustment を参照。

== オブジェクト階層
* Object
  * GLib::Instantiatable
    * GLib::Object
      * Gtk::Object
        * Gtk::Widget
          * Gtk::Range
            * Gtk::Scrollbar
              * Gtk::HScrollbar

== インクルードされているモジュール

* Gtk::Buildable
* Atk::Implementor
* GLib::Interface

== クラスメソッド
--- Gtk::HScrollbar.new(adjustment = nil)
    新しい水平スクロールバーを生成します。
    * adjustment: Gtk::Adjustment のインスタンスを指定します。
      別途ウィジェットを生成し、その中で Gtk::Adjustment のインスタンスを
      指定するようなときは nil を指定します。
      (Gtk::ScrolledWindow、Gtk::Viewport など参照のこと)
    * 戻り値: Gtk::HScrollbar のインスタンス

== 参照
Gtk::Scrollbar, Gtk::ScrolledWindow

== ChangeLog更新履歴
* 2014-06-16 インクルードされているモジュールの項目を追加。 - ((<きたがわ>))

* 2005-10-19 和訳 - ((<高木喬>))


* ((<Masao>))