新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  Back  ログイン

GtkSource::UndoManager 差分 - Ruby-GNOME2 Project Website

  • 最後の更新で追加された部分はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された部分はこのように表示します。

= GtkSource::UndoManager モジュール

GtkSource::View向けUndo機能のインターフェース

== インスタンスメソッド

--- begin_not_undoable_action()

    ((*説明*))

    ((*引数*))
    * 戻り値: ?

--- can_redo?()

    ((*説明*))

    ((*引数*))
    * 戻り値: ?

--- can_undo?()

    ((*説明*))

    ((*引数*))
    * 戻り値: ?

--- end_not_undoable_action()

    ((*説明*))

    ((*引数*))
    * 戻り値: ?

--- redo()

    ((*説明*))

    ((*引数*))
    * 戻り値: ?

--- undo()

    ((*説明*))

    ((*引数*))
    * 戻り値: ?

== シグナル

--- can-undo-changed: ?

    ((*説明*))

    ((*引数*))

--- can-redo-changed: ?

    ((*説明*))

    ((*引数*))

== 参考リンク

== 更新履歴

* 2014-08-04 新規作成 - ((<きたがわ>))