新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  Back  ログイン

gtk2-tut-memo 差分 - Ruby-GNOME2 Project Website

  • 最後の更新で追加された部分はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された部分はこのように表示します。

= このチュートリアルを読むにあたって

==方針
当初は((<本家のチュートリアル|URL:http://ruby-gnome2.sourceforge.net/tut/toc.htm>))をベースに翻訳をしていましたが,
* チュートリアルのソースがあまりRubyっぽくない
* そもそも本家のチュートリアルは,((<GTK+ 2.0 Tutorial|URL:http://www.gtk.org/tutorial/>))をベースにしている
* ((<きた>))の翻訳能力がイマイチ((-実はコレが一番のネック-))
* それじゃ,いっそのこと((<GTK v1.2 チュートリアル(日本語版)|URL:http://www.kitanet.ne.jp/~asler/linux/gtk/ja/gtk_tut_ja.html>))
  をベースにRuby化,GTK+ 2.0化した方がいいんじゃないの?
ということで,((<GTK v1.2 チュートリアル(日本語版)|URL:http://www.kitanet.ne.jp/~asler/linux/gtk/ja/gtk_tut_ja.html>))の成果を
最大限再利用させて頂くことにしました.

さらに、現在のメンテナである((<むとう>))がRuby/GTK(1)向けに公開していたRuby/GTKメモをRuby/GTK2向けに改変して取り込み、オリジナルのGTKチュートリアルより詳しいチュートリアルになることを目指します。

((*すみません,以下はまだメモです*))

* irbで試行するときにThread.start{Gtk.main}してるのは,irbで試行するときに便利だからです.通常のスクリプトでは使わないように.
* チュートリアルで紹介していないメソッドや定数の調べ方
* .irbrcに設定しておくと便利な設定

歴史的な資料としての価値があるのかもしれませんが、やや冗長に感じられるので、バンバン短縮します。ごめんなさい
ページが細かく分断されていますが、あまり意味がないように見えますので統合します
kojix2