新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  Back  ログイン

gtk2-tut-range 差分 - Ruby-GNOME2 Project Website

  • 最後の更新で追加された部分はこのように表示します。
  • 最後の更新で削除された部分はこのように表示します。

= レンジウィジェット
レンジウィジェットのカテゴリには,いたるところで使用されている((<スクロールバーウィジェット|gtk2-tut-scrollbar>))と,あまり一般的でない((<スケールウィジェット|gtk2-tut-scale>))が含まれる.
この2つのタイプのウィジェットは,普通異なる目的のために使われるが,メソッドやその内部に関しては極めてよく似ている.

* 全てのレンジウィジェットは,グラフィックエレメントのセットを共有している.
* 各々のウィジェットはそれ自身のXのウィンドウを持ち,イベントを受信することができる.
* 「溝(trough:トラフ)」と「スライダ((-他のGUI環境では"thumbwheel"と呼ばれることもある-))」を持つ.
* ポインタでスライダをドラッグすると,溝の中をスライダが前後に動く.
* トラフの上でクリックするとスライダがクリックした位置の方へ移動する.クリックした場所まで移動するか,あらかじめ決められた量だけ移動するかは,どのマウスボタンを押したかによって決まる.

前述の((<アジャストメント|gtk2-tut-adjustment>))で説明したように,全てのレンジウィジェットはアジャストメントオブジェクトと関連付けられる.
((<アジャストメント|gtk2-tut-adjustment>))からの情報をもとに,レンジウィジェットはスライダの長さやトラフ内におけるスライダの位置を計算する.
ユーザーがスライダを操作すると,レンジウィジェットは((<アジャストメント|gtk2-tut-adjustment>))の値を変更する.