新規作成  編集  Ruby-GNOME2 Project Website  ページ一覧  検索  更新履歴  編集履歴  RSS  ログイン

gtk2-tut-tooltips

ツールチップスオブジェクト

ツールチップスとは,ポインタをボタンや他のウィジェットに数秒置くとポップアップする,短いテキストである. このツールチップスはイベントを受け取らないウィジェット(それ自身のウィンドウを持たないウィジェット)では動かない.

まず最初にすることはツールティップスの作成である. このメソッドが返すGtk::Tooltipsオブジェクトから複数のツーチチップスを作成できるので, Gtk::Tooltipsオブジェクトの作成は一度だけ実行すればよい.

Gtk::Tooltips.new

ツールティップスとツールチップスを使用したいウィジェットを作成したら,次のようにすればよい:

Gtk::Tooltips#set_tip(widget, tip_text, tip_private)

1つ目の引数はツールチップスをポップアップさせたいウィジェットである. 2つ目の引数はポップアップさせたいテキストで, 最後の引数には,状況に応じたヘルプを実装するなどの用途に使用するための追加情報をStringで指定することができる. とりあえずはnilを指定しておけば良い.

その他のツールチップスのメソッド

無効なツールチップスを有効にする:

Gtk::tooltips#enable

有効なツールチップスを無効にする:

Gtk::tooltips#disable

tooltips.png サンプルプログラム:

#! /usr/bin/env ruby

require 'gtk2'

window = Gtk::Window.new
window.title = "Tooltips"
window.signal_connect("destroy") {Gtk::main_quit}
window.border_width = 10
hbox = Gtk::HBox.new(false, 0)
window.add(hbox)

tooltips = Gtk::Tooltips.new

button1 = Gtk::Button.new("disable")
button1.signal_connect("clicked") {tooltips.disable}
hbox.pack_start(button1, false, false, 0)

button2 = Gtk::Button.new("enable")
button2.signal_connect("clicked") {tooltips.enable}
hbox.pack_start(button2, false, false, 0)

# tooltips を button1,button2 に関連付ける
tooltips.set_tip(button1, "this button disables tooltips", nil)
tooltips.set_tip(button2, "this button enables tooltips", "additional info")

# Gtk::Tooltips.get_dataでtips_textやtips_privateを取り出せる
# p Gtk::Tooltips.get_data(button1)
# p Gtk::Tooltips.get_data(button2)

window.show_all
Gtk.main
更新日時:2006/07/02 14:34:05
キーワード:
参照:[gtk2-tut]